パウエル・ドクトリン

週末8月24日の欧州株は全面高となっており、イギリスのFTSE100・ドイツDAX共々足元を固めています。欧州銀行合併の可能性が報じられたことで、銀行株が上昇です。

ドル円は111.3円から111.4円でもみ合っています。ドル安により上昇を続けたドル円ですが、身動き取れない状態です。ただ身動き取れない状態だからこそ、週明けの急激な変化には注意したい所ですね。

一方ユーロドルはと言うと、1.15ドル後半での推移となっています。ユーロドルを突き動かしたのが、ポンドドル。欧州時間に入ると、ポンドドルは1.280ドルから1.285ドルまで上昇しました。

ただポンドドルにつられた形になったとは言え、ユーロドルの動きは神経質です。それもそのハズで、後に控えているのはパウエルFRB議長の講演。果たしてどんな話が出てくるのか?

【追記】先程、ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の発言を確認できました!
要点は、
・失業率は自然な増減を下回っているが、過熱リスクは高まっていない。
・危機が再び脅威となった場合にはFOMCは何でもやるぞ!
・今のの漸進的な正常化プロセスは引き続き適切。
等、利上げ継続のプロセスを正当化する発言に終始しています。これで9月のFOMCでの追加利上げもほぼ確定ですね。早速、パウエル・ドクトリンなる造語も飛び交い出し、しばらくドル高が持続しそうです。

夜のFXが断然おすすめ!

株式投資は、証券会社の営業は日中なので、昼間にやるものですよね。でもFXは夜間にトレードした方が良いって知っていましたか?

なにしろ世界の為替を扱っているのがFXで、世界時間に合わせてトレードしないと旨みが出てきません。ちなみに世界の為替を大きく動かしているのはニューヨーク市場ですが、日本では夜9時から取引が開始されます。

ですから米ドルと円の通過ペアーでFXトレードを行っている方が多いかと思いますが、夜9時から翌朝2時が一番為替の動きが一番活発になる時間だったのです。デイトレード派は特にそうですが、パソコンやスマホに張り付いてやるのがFXですから夜間にトレード時間を設定して美味しいところを頂かなければならないのです。

そこで12日のNY市場がどうだったかと確認してみると、2万4,924.89ドルと前日比で224.44ドル高となりました。トランプ大統領はEUとの貿易について、7月下旬に交渉を行うことを発表。話が進む可能性があるとのことから、買い注文が入った形となります。

一方、FXの方は、ドル円はヒートアップ!過熱度を示すRSIも高くなっています。ここまで過熱度が高くなると、いつ売りに入ってもおかしくない状況です。かと言って売りに出してもいいかと問われると、「YES」とも言えるし「NO」とも言えます。

特別に何か材料がない限りは、せめて13日NY時間までは様子を見守りたいもの。貿易に関するリスクが見え隠れするものの、判断に踏み切るタイミングであるとは思えません。 なおユーロドルは買い戻しがはいり、1.16ドル後半へとつけました。1.17ドルを試す動きも見受けられましたが、壁は厚いです。

この様に日本時間の夜、NY市場は活気のある白熱した相場となることがあるので、時間に余裕がある人は、この時間帯でのトレードが絶対オススメです!

こうすれば上達するFX

FXプロトレーダーは、数台のパソコンを前に一日中為替レートの動きを追いかけています。でも、お小遣くらいの資金を元に、こちらも為替の売買をしているのが一般トレーダー。プロ級の腕前までいけると副業としても成り立っていけます。

でも少ない資金でお金儲けができからといって、いきなり本ちゃんトレードに参加して、多くのトレーダーを相手にして利益を自分のところへ引き出すなんて無理です。

ですからFX会社では仮想資金で本ちゃんと同じトレードの練習ができるデモトレードを用意してくれています。いきなり本ちゃんトレードをするなんて、運転免許を取得しないで一般道路で車の運転をするのと同じ位に危険だということです。FXの上達にはまずはデモトレードでの練習からスタートしましょう。

そしてデモトレードでは、何とか利益を確保できるようになったら本ちゃんトレードをスタートさせましょう。

問題はデモトレードでの練習が、どこまで本ちゃんで生かせるかです。練習で旨く行ったと思っても安心しないでくださいね。本ちゃんトレードの第一歩での上達法ですが、資金はかなり抑えたところからの方が上達しやすいかも知れません。

何故ならFXで利益を引き出すのはそう簡単ではないからです。資金が少ないと利益はその分少ないのですが、損金へのプレッシャーが少ないので、判断力にブレがでません。FXに必要なのは情報収集力と的確な予測力。お金の心配があると誰でもプレッシャーに負けて本当の力が出せません。

要は利益は少なくても、失敗を繰り返しながらやり方を工夫して少しずつ腕を上げないと上達できないからです。

週明け相場には、チャンスいっぱいのFX

為替市場での売買は、週末の土日はお休み。だから休みの間に、先週のトレードの反省をして次週の戦略を練る時間にあてたいですね。

ちなみに週明けの月曜日は、為替市場の値動きは活発化します。先週は大きく下がったから、今週は反発の動きをすると思って、買いに入るとか。ですから、週明けFXのチャンスを如何に生かせるかで、FXトレーダーの技術力が分ってくるのです。

でも動きの激しさに振り回されないように気をつけなければなりません。

為替レートの動きって、群集心理が働いて一気に予想外の大幅な動きが起ったりします。この動きに便乗して、利益を自分のところに呼び込めれば良いのですが、旨くは行かないと思います。人がやることの一歩先を行かないとFXでは利益は見込めないのです。

ですのでFXで大金持ちになろうなんて考えてはだめですよ。世の中にプロの投資家なんていますが、ほんの一握りで、巨額な資金を動かせたりする人と思っていた方が良いのです。

ですからFXってネットを使った趣味と考えた方が本当は楽にやっていけます。私は世界の為替を動かせるから面白そうという趣味的な気持を膨らませて日々やっています。そしてやっていくうちに少しずつでも利益を伸ばせるようになれば良いのです。

ノンビリ派向きなのがスワップポイント狙いで、毎日決まった時間に数十分だけやるのがスキャルピングFX。結構ゲーム的に楽しんで行けると面白くなってきますよ。今日は予測どおりでなくても明日は勝利の女神がちょっと微笑んでくれるかも知れませんからね!

実際、週明けの日経平均株価は、2万1,678.26円・前営業日日比+110.74となりました。午前中は上値は重たかったものの、午後には上値を伸ばしました。

午前中のドル円は上値が重く、106.9円のレンジ相場です。でも午後になり株価が上向きになると、107円台まで上昇しました。ただ上がりに上がっても、107.06円がいっぱいいっぱいです。米中貿易戦争懸念もくすぶっており、今一乗り切れていない感があります。

一方ユーロドルはというと、朝方には1.226ドルまで落ち込んだものの、1.227ドルにまで何とか持ち直すことができました。 今日は特に何のイベントもないので、大きく動くことはないでしょう。

でも貿易関連などのニュースが入ったらどうなるか…。ここ最近の動向を見てみると経済指標でも動く時はありますが、指標よりも政治動向に左右されている感があります。

バーチャルから現実へ

世界の為替市場は、ネットワーク経由のバーチャルな取り引きで行われているのは知っていますよね。国・銀行・機関投資家・企業・個人などが為替取引に関わっていますが、バーチャルである分だけ不安な面が出てきます。

ご自分の資金をFX会社に預けることから始まるのがFXですが、大切なお金をしっかりと増やしていくには、なによりも安心できるFX会社でなければなりません。

ですからFX会社選びは本当に大切で、仮に倒産しても信託保全でお金が保護される会社を選んでいかなければならないのです。僅かな資金で始められるので主婦やサラリーマンにとって簡単に始められるのがFXトレードですが、ネットサイトに載っている多くのFX会社はどこが良いのでしょうかね?

私も最初悩み色々なFX会社を使っていましたが、結論はほぼどれも同じようなものです。ただ一番注意しているのが信頼性ですね。一昔前はFX会社が倒産すると証拠金もろともすっからかんになった時もありましたので上場している会社を選べば安全性もぐっと高まります。

話は変わりますが、くじ運の強い人ってご自分の周りに、一人や二人はいるものですよね。

めぐり合わせが良いというか、いつもついている人にあやかりたいものです。だからFXトレードの決裁に迷っているときにくじ運の強い人に聞いてみるのも良いかもしれません。

でもFXにはテクニカル分析という強い味方があって、今迄の為替レートの動きからより確実性の高い形で、今後の予想を立てていこうとする手法です。ですからテクニカル分析を駆使しているにも関わらず、何度トレードをしても勝率が悪い場合は、どこかに問題があるのかも知れません。

もっと違った角度からFXを捉えなおした方が良いのかも知れませんね。くじ運はともかく、FX攻略法は1つではないのです。